『りさ子のガチ恋 俳優沼』を読んだ感想~茶の間民より~

こんにちは。

『りさ子のガチ恋 俳優沼』(著:松澤くれは、集英社文庫)の感想どうしても書きたくてブログに残します。

この本は、2017年に上演した舞台を文庫化したもので、あらすじはこちら

26歳、彼氏なし。OLりさ子の趣味は舞台鑑賞で、若手イケメン俳優の翔太君を追いかける日々。2.5次元舞台『政権☆伝説』に通い詰め、高額プレゼントを贈る。「がんばってる姿を観られるだけで幸せ」とお金と時間をつぎ込み、彼からのちょっとした「特別扱い」にときめいていたが、ネットで彼に彼女疑惑が持ち上がり……。俳優とファン。演劇業界の闇に切り込む、見て見ぬふりをしたかった愛憎劇!

生身の人間を追いかけてる全オタクに読んでほしい本ナンバーワン。

あるあるすぎてしんどい。この一言に尽きる。全通のために仕事を調整、カラオケで鑑賞会、なかでもSNSの描き方がリアルでしんどかった。(俳優本人へのリプ、愚痴垢などなど)

 

でも、一番心に響いたのが、

「『茶の間』とかさ、信じられん。劇場来いよ、お金落とせよ。(中略)お金落として初めて、ファンとしての貢献やから。」

これ私に向けられて言ってる?その通りだけど、え、茶の間でテレビの中の彼を応援するのはだめ????

と、ちょっとドキッとした。貢献度……ファンの在り方にも言及してくるとは思わなかった。現場に赴いてる人でこう考えている人はたくさんいるかもしれない。

でも、CDとか買ってるから許してください。

 

あと、内容の核となるカノバレについて。

私も、匂わせは絶対許せないタイプなので、この件に関してはりさ子がやりすぎなところもあるけれども、ファン側のりさ子の主張を応援したい。

俳優自身を応援しているのであって、彼のプライベートに関しては知りたくもない。匂わせてる彼女と交際しているなら、応援することをやめると思う。

(例えるなら、ミッキーの中の人がおっさんだと知ってしまった時の心境に近いものがある)

だから、TVや雑誌で編集されたものを見るし、SNSでのレポも良さげなつぶやきしか拾わない。

現場で生身の人間であることを認識せず、現実から目をそらしたいから、茶の間民で満足しているのかもしれない。

 

と、自分が現場に行かない理由を本を通して考えてみた。

 

ファンに崇拝されている以上、完璧に自分を演じてほしいと常々感じる日々です。

匂わせはダメ、絶対。

でも、2.5次元で活躍する若手俳優や地下アイドルって意外と身近にいるかもしれないから、恐ろしいんだよね……

もっと、事務所の力でセキュリティを強化してください……

 

推しがいる、そこのあなた!!ぜひ読むべきです。

人の振り見て我が振り直せ。

 

以上